IUF Fisheries logo.



العربية | 中文 | Deutsch | English | Español | Français | 日本語 | Skandinaviska | Русский

インドネシア:BMI組合幹部が茶番裁判で有罪に、組合は経営の組織的賃金及び給付の侵害の刑事責任を追及 16-10-2019

インドネシアのランプンにある水産加工業者ブミ・メナラ・インテルヌサ(BMI)のSPBMI労働組合の書記長である レニ・デスミリアの裁判は、彼女の有罪判決と減刑に終わった。悪名高い腐敗した法制度により彼女は予想通り有罪となったが、地元や国、国際レベルでのキャンペーンに直面し、刑期は4か月に減刑された。

 


サプライチェーンにおける人権侵害に対し行動を起こすようチキン・オブ・ザ・シーに伝えよう! 24-09-2019

アメリカに本社のある水産食品会社「チキン・オブ・ザ・シー」は「シー・オブ・グッド」などと持続可能性について話し合うと約束した。同社の製品は北米・南米でよく知られている。アメリカの水産会社の多くがそうしているように、原料はインドネシアのランプンにあるブミ・メナラ・インテルヌサ(BMI)から調達している。BMIは勇敢な労働組合リーダーを6年の禁固刑に追い込もうと試みている。

ここをクリックし、 チキン・オブ・ザ・シーにBMIとの商業関係を活用して、レニさんを釈放し、労働者をいじめる腐敗した法的制度の非道な使用を止めるよう圧力を加えるよう伝えよう。 


BMIにおける体系的な賃金泥棒の証拠 02-09-2019

インドネシアの法廷において、PT BMIが労働者に意図的かつ体系的に州の最低賃金以下の給与しか支払わなかった証拠が明らかになった。


アクア・スター、監査と組合幹部の投獄 21-08-2019


BMIは、アクア・スターを含む北米を中心とした多くの大手水産加工業者や小売業者の主要サプライヤーである。
悪名高い腐敗した法制度をBMIが操作して6年間労働組合指導者を刑務所に送ったことを受けて、アクア・スターと他の人々は何をしているのか?


インドネシアのグローバル水産サプライヤーBMIにおける反組合的攻撃が激化 02-07-2019

インドネシアのIUF加盟組織は、組合書記長レニ・デスミリアが5月17日に逮捕されたのを受け、世界の水産大手に供給する主要サプライヤー、ブミ・メナラ・インターヌサ(BMI)のインドネシア・ランプンにある水産工場の前で大規模な連日抗議行動を開始した。

8年前にレニさんは契約労働者として同工場で働き始めたが、今になって会社は彼女が就職するために偽造高校卒業証書を提出したと断言し、警察に通報し、最大の刑罰となる懲役6年を要求した。会社のこの執拗な要求を受け、自動小銃を携えた警官が彼女の自宅に行き逮捕した。

 

6月2日、BMI経営陣は投獄されているレニさんを訪ね、もし彼女が会社を退職するなら即座に釈放されると伝え、また彼女の逮捕、投獄及び訴追はBMIの要請だったことを認めた。しかし彼女は退職を拒否した。


水産加工品輸出業者Sekkingstadにおける組合潰しを止めよ! 06-07-2018

世界50ヶ国以上で小売店に商品を輸出しているノルウェーのサケ・マス加工業者Sekkingstad ASは、ノルウェー食品関連労働組合(NNN)によって成功に終わった闘いをなかったことにしようとしている。NNNは昨年、35日間のストライキの後に同社の下請け加工業者における承認と労働協約を勝ち取っていた。 Sekkingstad ASにメッセージを送るにはここをクリック!

フィリップス・シーフード・インドネシア従業員との国際連帯 19-03-2018

米サンフランシスコで行われたIUF食肉・乳業部門の運営委員会に参加した国際組合の代表者は314日、フィリップス・シーフードの主要販売先であるコストコの店舗の一つで、広報ピケを張り、同社での適正な仕事を求める闘争への支持を表明した。

インドネシアで初となる食品労働者の独立連合が設立される 01-03-2018

16の独立組合が223日、インドネシアで初となる独立食品労働者連合FSBMMを結成するため、ジョグジャカルタに集まった。共に組織化・闘争・勝利してきた20年間を象徴し、この連合の設立は、インドネシアの食品飲料の独立した民主的組合の力を構築する上で、歴史的な一歩となる。



NNNのストライキ、ノルウェーの水産加工会社ノルセ・プロダクションで承認と労働協約を獲得して終結 22-11-2017

98日にノルウェー食品関連労働組合 NNNが、水産加工会社ノルセ・プロダクションで敢行したストライキは、1012日に会社側と水産加工セクターの労働協約を締結して終結した。組合の承認が確保され、地元の組合は今後、このセクターごとの合意の枠組み内で、地元の経営と追加の改善交渉に臨むことができる。



水産加工会社ノルセ・プロダクションで権利と承認を求めてNNNがストライキ 04-10-2017

Norsestrikeノルウェー西海岸のベルゲンに所在する水産加工会社ノルセ・プロダクションで98日以降、労働者たち(その多くがポーランドとリトアニアの移民労働者)がストライキを敢行している。IUF加盟組織のノルウェー食品関連労働組合(NNN)に組織されている彼らは、同社との労働協約の権利を要請している。

フィリピン:組合が政府に対し、業界の圧力を拒否し、漁船労働者の権利を施行する規制を実施するよう要請 01-09-2017

CitraMinaSENTROpressconference090517detailシトラ・ミナ労働組合は、ナショナルセンターSENTROIUFの支援を得ながら、漁船労働者の権利を施行する規制を実施させるよう政府に求めて圧力を強めている。この規制は公布されたものの、全く実施されていない。

一連の権利侵害、シトラミナ社は新たな犠牲者に責任を持て 18-04-2017

フィリピンで2番目に大きなマグロ輸出業者であるシトラミナ社グループが権利侵害を続けており、その結果新たな犠牲者が生じた。201656月にかけてシトラミナの漁船2艘がインドネシア沖で違法漁業の疑いで拘留されるという事件が発生した。


シーフード・エキスポ・グローバルで国際組合運動が活発化 23-05-2016

ツナ労働者がアジア太平洋地域で無謀なツナ会社を抑止するため組織化 22-03-2016

FSBLとIUFがフィリップス・シーフードの違法な組合検証を阻止 22-12-2015

アメリカのフィリップス・シーフード社のインドネシアにおける残忍な運営:蟹肉労働者は採用・解雇・外注をメールで受ける 17-11-2015

救出されたシトラ・ミナの乗組員が、組合が所有する「労働者の安全」訓練船を進水させる 27-08-2015

フィリピンのゼネラル・サントスの労働者記念日:シトラ・ミナ労働者の追悼と生活を求める闘い 21-05-2015

インドネシアのブミ・メナラ・インターヌサの水産労働者が組合権と尊厳を要請 12-05-2015

フィリピン議会がツナ大手企業シトラ・ミナの残忍な虐待に着目 23-03-2015

組合が、ツナ大企業シトラ・ミナに見捨てられた漁船の乗組員の解放を確保 24-02-2015

フィリピンの国会議員が政府にシトラ・ミナ・ツナ・グループの権利侵害について調査するよう要請 24-12-2014

組合がツナ総会をシトラ・ミナの権利侵害に注目を集める場に変える 02-10-2014



[More]

New! Show archives