バングラデシュ:多国籍菓子メーカーのペルフェッティ・ヴァン・メレにおいて、長い闘いの末、労働者のための団体交渉権を勝ち取る

14 March 2019 News

160日間の 承認のための闘争 と、結社の自由の権利を蝕もうとする経営の試みに打ち勝ち、オランダに本社のあるグローバル菓子メーカー、ペルフェッティ・ヴァン・メレの労働組合は2月17日、法的に団体交渉の立場を認められた。組合は今、ガジプール工場の労働者のために初の労働協約交渉に向けて準備をしている。

自分たちの組合と権利を保護したミャンマーのホテル労働者が投獄される

11 March 2019 Urgent Action

3月1日、ミャンマーのバガン考古学地区にあるホテル・タラバー・ゲートの労働組合の委員長の他、5人のリーダーやメンバーは、昨年12月に警察が組合の連帯キャンプを残忍に破壊した後、平和的な抗議行進をしようとして有罪となった。6人の組合活動家はそれぞれ1か月間の投獄を命じられ、評決が下されてすぐに逮捕された。これは、今やミャンマーにおける労働組合活動が犯罪とみなされるという、政府当局の紛れもない表明である。

6人の組合活動家が即座に、無条件に釈放されるよう、ミャンマー政府にメッセージを送るにはここをクリック。  結社の自由は権利であり、罪ではない!

 

規制当局を規制する?欧州連合において提案された農薬承認に関する新たな対策

11 March 2019 Editorial

欧州連合におけるグリホサートの再承認を阻止するキャンペーンは、グリホサートを禁止することはできなかったが、公衆衛生および環境の保護を目的とした規制機関に対する農薬業界の支配力を燦然と露呈した。キャンペーンの余波は続いている。

ミャンマー:ホテル・タラバー・ゲートの労働者は権利のために闘い続ける

6 March 2019 News

ホテル・タラバー・ゲートの労働者は自分たちの権利要求のため、標的になった組合リーダーやメンバーの解雇や、 労働者の連帯キャンプの残忍な破壊、  及び抗議の行進を行った者たちの逮捕に屈することなく、公の行動を取った。

コカ・コーラ・インドネシア労働者達は、迫害された組合リーダー達への信頼を再確認

6 March 2019 News

独立系民主的組合のために闘っているコカ・コーラ・インドネシア労働者は、経営によって迫害された組合リーダーへの信頼を再確認した。2月5日の通常の組合員会議で、ルトフィ・アリフィヤントがジャワのバウェンにあるコカ・コーラ・インドネシア労働者組合、独立系SBMCCの委員長に再選された。

ユニリーバと締結、権利と承認に関するグローバル協定

31 January 2019 News

IMG_5417%20Adjusted_best_resizedIUF書記長のスー・ロンリーと、インダストリオール・グローバルユニオンのバルター・サンチェス書記長、ユニリーバCEOのポール・ポルマンは、世界的消費財メーカーのユニリーバとの2010年から続く年2回の定例会議において、組合の権利と承認に関する共同の覚書に昨年10月31日に署名した。

ミャンマー:警察がホテル・タラバー・ゲートの労働者の連帯キャンプを破壊した後、抗議行進した者を逮捕

24 January 2019 News

TharabarCampDestroyed1small警察は、地元の当局の命令に従い、ホテル・タラバー・ゲートにおいて組合員とその家族、支援者によって10月12日以来公共の場所で維持されていた連帯キャンプを破壊した。この攻撃に抗議する地方政府当局に向けた組合行進はその後分散させられ、13人の労働組合員が逮捕された。

インドネシア:反組合的な解雇に抵抗するコカ・コーラ労働者達が同社本社に対する闘いに着手

24 January 2019 News

CokeBandungCaravanバンドンのコカ・コーラの独立組合のメンバーは、迫害された労働者たちが工場からの退去を一週間にわたり拒否し続けていることを受け、11月19日にジャカルタにある同社の国内事務所に対し権利のための闘いを始めた。

コカ・コーラ・インドネシア:反組合的解雇に抵抗する労働者たちは工場を去ることを拒否

18 January 2019 News

Bandung5コカ・コーラ・バンドン工場において、独立組合のリーダーとメンバーは、1112日以降、工場内に残り退去を拒否し続けている。その日5人はいつも通り出社し、「自発的な」希望退職計画として以前から示されていた、彼らの退職を認める手紙への署名を拒んだ。

TGIフライデーズの労働者が、休暇中の勤務に対する補償を要求

25 December 2018 News
英国のTGIフライデーズの労働者は、彼らの長時間の動員による重要な最初の勝利の後も、公正な賃金のために依然として闘っている。

世界的な菓子メーカー、ペルフェッティ・ヴァン・メッレがバングラデシュにおいて権利を侵害

20 December 2018 Urgent Action

1133最新情報:ペルフェッティ・ヴァン・メッレ社労働組合は2019年1月14日、ついに経営の大がかりな干渉にも関わらず法的な登録を確保した。同社は今や組合を承認し、最初の労働協約を交渉しなければならない。

メントス、チュッパチャプスやアルペンリーベ等、グローバルブランドのオランダの菓子メーカーであるペルフェッティ・ヴァン・メッレは、バングラデシュの労働者が労働組合を結成する権利を持っているとは信じておらず、組合を結成しようとする労働者を激しく攻撃している。同社にメッセージを送るには ここをクリック

ミャンマーのホテル労働者は権利のために闘う!

20 December 2018 Urgent Action

1132有名なバガン考古学地区の中心にあるホテル・タラバー・ゲートで組合を結成した労働者は、2015年から権利と承認のために闘っている。今年の824日、タラバー・ゲートの経営は、2人の組合役員、7人の積極的な組合員を含む11人の他の労働者とともに、委員長を解雇した。 タラバー・ゲートの経営にメッセージを送るにはここをクリック。 

ゼロ権利!コカ・コーラ・バンドン・インドネシアにおいて反組合の攻撃がエスカレート

15 November 2018 News

zero%20rightsインドネシアのバンドンにあるコカ・コーラボトリング工場の経営は、工場の独立した民主的組合に対する抑圧を強めている。経営は、組合員に彼ら自身の法的権利を伝えたことから1019日に懲戒処分を受け、現在即刻解雇の危機に晒されている組合委員長のソヴィ・フラディナに続き、今度は3人の組合役員と2人の活動的なメンバーを、経営によって提示された「自発的な」希望退職に名乗りを上げなかったという理由で解雇した。

コカ・コーラ・アマティル・インドネシアが、法的権利をメンバーに伝えた組合委員長を懲戒処分

15 November 2018 News

Soviコカ・コーラ・アマティル・インドネシアは、コカ・コーラ・バンドンの独立民主組合委員長、ソヴィ・フラディナ・マルダーニ・マスリップを、メンバーに彼ら自身の法的権利を伝えたことを理由に懲戒処分にしている。

アコーの高級ホテル、プルマン・ジャカルタ・ホテルでの組合の抗議がエスカレート

13 November 2018 News

PullmanJakartaFSPMAction1bis1017日、IUF加盟の独立系全国ホテル・レストラン労働者連盟FSPMは、アコーの高級ホテル、プルマン・ジャカルタの前で第4回集団抗議行動を行った。

ページ

IUF UITA IUL RSS を購読