ブラジル:CONTAGとIUFが農村の労働者と労働組合に対する暴力を止めるよう緊急行動を要請

17 September 2014 News

CONTAG

今年に入ってブラジルで、少なくとも23名の組合役員と土地を持たない農民の擁護者たちが殺害された。その全員が土地の権利や土地の奪取、違法伐採などに関する争議に関係していた者たちである。

IUFとモンデリーズ・インターナショナル、エジプトのアレキサンドリアの争議の和解を歓迎

6 August 2014 News

20127月、エジプトのアレキサンドリアで独立組合の執行委員5名が停職処分を受けていた件で、IUFとモンデリーズ・インターナショナルはこの争議の和解を歓迎した。

エジプトのモンデリーズはこの5名の執行委員全員を不利益をもたらさず以前の地位に復職させ、また賃金と手当も全額遡及して支払う保証をした。

農務省の鶏肉工場の現代化ルールでライン速度の加速は廃案

5 August 2014 News

労働組合、食品安全グループおよび市民権団体の活発なロビー活動により、ライン速度を1分間175羽に上げる提案は廃案になり、現行の最大1分間140羽を維持することになった。

新たなルールの公表を歓迎する声明の中で、全米食品商業労働組合(UFCW)のジョー・ハンセン会長は次のように述べた。「2年以上に渡りUFCWのメンバーは、“安全なライン速度は労働者の安全を意味する”というシンプルかつ切実なメッセージを発信し続けてきた。このルールを背景に、鶏肉工場の安全確保と労働者が職場に関する意見をもっと言えるよう、労働省および農務省と協働していくことに期待する」。

安価な鶏肉の価格:消費者が病気になり、労働者が怪我をする

4 August 2014 News

chickenhazard

イギリスの新聞ガーディアンが鶏肉産業のサプライチェーン全体での深刻な食品安全危機を暴露したのを受け、IUF加盟組織ユナイト・ザ・ユニオンは食品検査官の数を増やすよう要請した。ユナイトはイギリスの連立政権が食品安全検査サービスを縮小することに反対してきたが、国民のために消費者に対する避けられないリスクの拡大について文書化した。

食品基準局の報告によると、食品施設の55%が2012~2013年に一度も検査を受けなかった。

大手食肉処理場は通常、一分間に185~195羽を処理するという信じがたいスピードでラインを動かしていることを、ガーディアン紙が明らかにした。

リスクを抑えるためには、食品衛生、労働者の安全衛生及び雇用の性質など全てを配慮する必要がある。

ラインスピードの減速やその他の安全衛生に関する措置について組合と交渉することが、食品安全の改善につながる。

IUF、イスラエルとガザの即時停戦を要請するITUCを支持

30 July 2014 News

ガザでの武力衝突と死者数がますます増加する中、国連安全保障理事会が求める停戦の即時実行を要請しているITUCIUFは支持する。

安全保障理事会は、「一般市民の保護をはじめ、現状の収束、平穏の回復、201211月の停戦協定の再制定、及び国際人権法の順守」を主張した。

たばこ企業はアメリカの移民農業労働者の酷使をやめるべきである!

30 July 2014 News

NCworkerhousing毎年、何千人もの移民労働者がアメリカのたばこ農場で働くために渡米するが、その多くはメキシコからやってくる。彼らは何カ月も劣悪な生活環境の労働キャンプで過ごし、ニコチン中毒や危険な農薬に晒され病にかかり、貧困賃金以下で長時間労働している。たばこ企業は行動を起こし、これらの酷使を止めさせなければならない。

イスラエルの労使が障害者の雇用を推進するため全国協定を結ぶ

2 July 2014 News

イスラエルのナショナルセンター、ヒスタドゥルトと全国使用者統括団体は626日、障害者の雇用に関する拘束力のある協定を締結し、これによりヒスタドゥルトのアヴィ・ニセンコルン会長が述べていた「80万人の潜在的労働者が適切な生活を獲得し、労働市場に参入できる」道が開かれることになる。

貿易・投資協定の推進のため市民に事実と異なる説明をするネスレの会長

1 July 2014 News

業界誌Flexnews23/6/14)によれば、ネスレのピーター・ブラベック会長が最近オーストリアの新聞に、欧米間の自由貿易協定案に関して感情的な討議が展開されていることに懸念を示し、経済を大きく発展させる協定についてそろそろ事実に基づく協議に入るべきだ、と述べた。

0.1%の成長率を求めて闘っている今、我々は少なくともこの件に関して客観的に協議するべきだ」と述べ、協定が欧州の食品安全基準を弱めかねないという評論家の懸念を一蹴した。

IDWFがウクライナの女性労働者を支援する

30 June 2014 News

IDWFGeneva

国際家事労働者連合(IDWF)は6月11日、ジュネーブのIUF本部で設立大会を開催した後、初の執行委員会を開いた。

その会合の前に、執行委員と地域コーディネーターとの企画ワークショップが行なわれた。IDWFの代表の中には、「インフォーマルからフォーマル経済への転換」及び「強制労働を廃止する行動の強化」に関するILOの協議に参加した者もいた。

イタリア、ドイツ、ハンガリーのダノン工場3ヵ所の閉鎖に反対するIUFメンバーたち

30 June 2014 News

イタリア、ドイツ及びハンガリーにあるダノンの乳製品工場3ヵ所を閉鎖する計画は、合わせて325人の雇用を破壊し、これらのダノン工場の倉庫、配送及び関連会社の労働者の雇用保障を深刻に脅かす。さらにこれら3カ国のダノンに牛乳を供給している地元の酪農家にも深刻な影響を与える可能性がある。

IUF、コロンビアの組合役員に対する新たな暗殺未遂を非難する

26 June 2014 News

IUFはコロンビアのナショナルセンターCUTと共に、労働組合役員の暗殺未遂を非難し、コロンビア政府に行動を取るよう要請した。

SINALTRAINALのブガラグランデ地区のホセ・オノフレ・エスキヴェル・ルナ副委員長は6月16日夕刻、メデリンの街頭で拳銃を持った襲撃者に攻撃された。襲撃者の一人はホセ・オノフレ氏のボディーガードに殺害され、もう一人は当局が負傷させ取り押さえた。

天安門事件はなぜ重大なのか?

26 June 2014 Editorial

6月4日、香港で推定18万人の市民が天安門広場大虐殺の追悼式典に参加し、中国で唯一の独立組合である香港労働組合連合会がいつものように熱心に支援し参加した。中国本土ではこの日に備え公安警察が全国で事前に身柄を拘束したり、25年前のこの事件に関連する記事をインターネットやソーシャルメディアから一掃した。

6月4日は大衆の民主化運動に対する残虐な抑圧と中国における労働者の独立行動の再現を祈念する日だが、どうして海外ではここまで軽視され、忘れられてしまったのか?

公共サービスに対するTISAの脅威を浮き彫りにするPSIの新報告書

24 June 2014 News

国際公務労連は新たな報告で、提案されているサービス貿易協定(TISA)を取り巻く秘密裏の交渉の公益サービスに対する脅威を公表した。TISAはアメリカ、EU、日本、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス及び韓国を含む富裕国中心のメンバーが自らを「サービスの真の友達」と呼ぶ諸国が主導している。

ページ

IUF UITA IUL RSS を購読