スペイン: 高等裁判所がコカ・コーラ・イベリア・パートナーズに1,190人の解雇と4工場の閉鎖決定を覆すよう命令

20 June 2014 News

6月13日、スペインの高等裁判所はスペインのコカ・コーラ・ボトラー、CCIPに対し4工場の閉鎖計画に伴う1,190人の解雇決定を破棄するよう命じた。

CCIPが控訴するのは明らかだが、これはスペインのIUF加盟組織にとって大きな勝利であり、全メンバー及びこのキャンペーンを支援したすべての組織を代表し、IUFはこれらの雇用を守ろうと必死に闘ったスペインの労働者を祝福する。

タイのKFCでキャンペーンに成功

20 June 2014 News

タイのケンタッキー・フライドチキンの組合役員に対する嫌がらせを阻止するIUFのキャンペーンが成功し、経営陣は組合役員に対し脅迫及び嫌がらせを止めた。。

同社で改革が実施されており、組合はこれでKFCの労働者も権利の行使及び生活賃金の闘いを展開できると信じている。組合は、キャンペーンに対応し同社にメッセージを送ってくれた何千もの組織に感謝を表明した。

ナノマテリアルは新たなアスベストか?

20 June 2014 News

アメリカン・ジャーナル・オブ・インダストリアル・メディシンは最近の記事で、ナノマテリアルを扱う事から発生する職場の疾病を初めて詳細に記した。26歳の女性化学者が何の防護対策もない状態で実験台でニッケルのナノ粒子を検量していたところ、少量のこの粒子を扱い始めてから1週間も経たずに喉と鼻の症状と皮膚に炎症を発症した。短期間にほんの少量しか扱わなかったが、彼女の身体はニッケルに敏感に反応するようになった。このマテリアルの扱いを中止し他の階に移った後も彼女の症状は治まらず、この建物を完全に去って初めて症状が改善された。

この調査の共同執筆者は「彼女はあのビルの中で二度と働けない」と述べ、この案件をアメリカの生産施設でナノ粒子を扱う労働者が受けた深刻な健康被害の詳細を文書化した最初のものだと言った。

ユナイト・ヒア!がラスベガスのホテル労働者44,000人のための交渉を成立させる

18 June 2014 News

lasvegasstrikebig

料理・バーテンダー組合はラスベガスの商業地区とダウンタウンの大手カジノ・ホテルで働く44,000人の客室接客業、コック、ウェーター、清掃員、バーテンダーの契約を交渉してきたが、ゴールデン・ゲート・ホテル・アンド・カジノの最新の調停により、ようやく成立させた。

パリス・ホテルの客室清掃係のモニカ・ムングイアさんは次のように述べた。「我々は新たな契約を獲得するために、ホテル内外でいろいろ大変な事をやらなければならなかった。これでコスモポリタンの労働者とステーション・カジノの労働者が勝利するために、彼らを支援していく準備ができた」。

ミャンマーの土地争奪に対し組織化し闘い、勝利する

18 June 2014 News

AFFMIUFland2014

初となるミャンマー農業農民連合(AFFM-IUF)の大会で、食料の権利と持続可能な食料制度を勝ち取るのに不可欠な事として土地の権利とアクセスを優先させる決議が採択されたのを受け、ミャンマー全域で土地争奪に反対するキャンペーンが加速した。

合成生物学:極地に達する遺伝子操作

11 June 2014 Editorial

遺伝子操作された作物がフードチェーンに入ってきてこの20年、農業資源や生物多様性、及び労働者と消費者の生活と安全衛生を

世界中のファストフード労働者が彼らの権利を求めて共闘する

16 May 2014 News

ファストフード労働者は、不安定労働、低賃金及び組合組織に対する激しい反対という、世界的に共通の問題に直面している。ほんの一握りの巨大多国籍企業がビジネスを支配しているので、世界中の何百万人ものファストフード労働者の労働条件を変えるためには、労働者と組合が国際的に協働するのは当然である。ニューヨークで556日、IUF主催で開催された国際ファストフード労働者会議には、国際的なファストフード組合ネットワークの構築の一環として、26ヵ国から80人以上の労働者及び組合の代表が集まった。 

フィリップ・モリス・インターナショナルが大量解雇を発表

22 April 2014 News

44日の金曜日、オランダのフィリップ・モリスの従業員1,400人は、同工場が101日に閉鎖されると通告された。

フェレロ社の“キンダー・ジョイ”を製造するインドの女性不安定労働者にとって、ジョイ(喜び)など全くない

18 April 2014 News

Ferreroprotest

フェレロ社のキンダー・ジョイ及びティックタックを製造する12,500万米ドルを投資したインドの最新鋭工場では、1,400人以上の不安定労働者を最低賃金で搾取している。イタリアに本社を置く同族企業フェレロ社は、ヌテラ、フェレロ・ロシェ、キンダー、ティックタック、ハヌタ、その他の製造のために世界で20,000人以上を雇用している。

依然としてロックアウトに置かれるエジプトのカーギル労働者たち – 硬い意志は続く

15 April 2014 News

エジプトのアレキサンドリアのカーギルが所有するナショナル・ベジタブル・オイルズ・カンパニーの労働者たちは1214日の夜勤シフト中に平和的抗議行動を始めたが、1216日以降、職場に戻ることを阻止されている。当初、就業禁止に置かれた労働者たちは、その後解雇された。これはエジプトの労働法に違反する。

ザナオゼン連帯キャンペーンが成果を上げる

15 April 2014 News

カザフスタンで投獄された石油労働者に対する国際連帯キャンペーンが功を奏した。このキャンペーンはIUF、インダストリオール、カザフスタン自由労働組合連合、及び中央アジア人権協会が支援している。キャンペーンが開始されて3か月間で、投獄された石油労働者の釈放を求め、世界中からLabourStartサイトを通じてカザフスタンの在外公館に11,400通以上のレターが送られた。このオンライン・キャンペーンに加え、組合組織からの正式な抗議レター、領事館や在外公館の前でのピケット及び様々な国際フォーラムでの公開討論会などで支援した。

貿易・投資協定と闘うIUF乳業加盟組織

15 April 2014 News

アメリカ-コロンビアの自由貿易協定や、環太平洋並びに環大西洋貿易・投資協定案(TPPA、TTIP)の協議が続く中、IUF加盟組織は第3回グローバル乳業会議で企業の利益に支配されるこれらの協定に反対するキャンペーンの実施を決意した。これらの協定は秘密裏に交渉され、民主主義を犠牲にし投資家の権利を支持し、賃金と労働条件を低下させ、生活必需品を得る労働者の権利を制限するものである。
IUF乳業部門のメンバーは各国政府に対し、現行の投資協定の形式を放棄し、人権を尊重し食料保障と経済的主権を推進する貿易関係を敢行するよう要請する。

ページ

IUF UITA IUL RSS を購読