遅れる裁判-エジプト・モンデリーズの弁護士が控訴、解雇された労組役員の証言聴取が遅滞し、医療給付も打ち切られる

29 September 2013 News

エジプトにおける人権侵害と組合潰しの申し立てを受け、モンデリーズは、解雇された5名のキャドバリー・アレクサンドリア労組役員の案件は裁判中で判決を待っている状況だと公に述べた。会社は法廷でこの解雇の法的是認を求めているが、裁判所は解雇された労組指導者の1人に有利な裁定を下した。すると会社の弁護士は控訴し、他の4つの案件も手続きが遅れるようにいろいろ手を尽くしている。その間会社は、解雇された労働者が法律上キャドバリーにまだ雇われているにもかかわらず、報復として彼らの医療給付を打ち切った。

パリ、ハイアットホテルの客室清掃係、直接雇用とディーセント・ワークを求めてストライキ

29 September 2013 News

パリの高級ホテル、パークハイアット・パリ・ヴァンドーム・ホテルで働く約60名の客室清掃係とボーイが9月20日金曜日、ストライキを行い、「階級戦争はここから始まる」と書いた旗を持って街頭に出た。

スタッフのほとんどがサービス派遣業者、ラ・フランセーズ・ドゥ・セルビスの下請けだが、賃上げ、労働条件向上、そしてハイアット・グループの従業員になることを要求している。

中国:労働者の権利と改革の幻影

29 September 2013 Editorial

労働組合とNGOが国連加盟国の人権記録をまとめた「世界定期レビュー」の次号のために提出した文書は、中国の労働者および労働組合権の過酷かつ体系的な抑圧について、明白な証拠を上げている。香港労働組合連盟(HKCTU)、ITUC、アムネスティ・インターナショナル、ヒューマン・ライツ・ウォッチやその他の組織が提出した文書は、中国で自分たちの利益を守ろうと組織化したり、ストライキを行い、政府に陳情した労働者が解雇されたり刑事罰の対象とされ、また法的枠組み外の『裏刑務所』に一方的に拘留され、あるいは強制労働収容所への拘留判決を受けていることを実証している。これは、現行法の下で、労働者組織として唯一権限を与えられている中華全国総工会(ACFTU)との共謀で行われている。

ホンジュラス:権利を侵害する会社に隠れ蓑を提供するレインフォーレスト認証 - 抗議して、バナナ労働者を支援しよう

19 September 2013 Urgent Action

レインフォーレスト・アライアンス認証は、その製品が、労働者の権利を保証する厳しい社会基準に従い生産されたという保証を与えるはずのものであるが、IUFは、この認証が労働者の権利を向上させず、弱体化させるために使用されている証拠をつかんでいる。

コートジボワールの労組役員、バジル・マハン・ガヘ氏死去

19 September 2013 News

コートジボワールのナショナルセンター、ディグニテのバジル・マハン・ガヘ書記長が916日に死去されたという悲しい知らせが

 労働者の権利を打撃する同性愛反対法!カナダの労組UNIFORがロシアのプーチン大統領に公開書簡を送る

15 September 2013 Feature

ロシアは、民主的な自由の制限と労働者の権利に対する攻撃を続けている。ロシアにおける個人的および社会的自由の余地を縮小させるあらゆる措置は、結社の自由だけでなく、人々の安全も脅かしている。

米国の鶏肉工場の食品安全性と労働者の安全衛生が深刻な危機に

15 September 2013 News

米国連邦議会行政監査局(GAO)は、鶏肉加工工場の生産ラインから連邦検査官を廃止し、1分間175羽までに生産スピードを2倍に許可する米農務省の提案に批判的な報告書

AFL-CIO大会で、家事労働者が表彰される

15 September 2013 News

ロサンゼルスのAFL-CIO大会の期間中、98日の式典で、国際家事労働者ネットワーク(

コロンビア:組合リーダーたちを守るために今行動を!

14 September 2013 Urgent Action

IUFは、組合と政治のリーダーの安全を確保するために、コロンビア政府に即時に行動を取るように緊急要請を行った。

コロンビアの労働者と農民がグローバル新自由主義に挑戦

6 September 2013 Editorial

自由貿易の鶏がコロンビアに帰ってきた。同国では、米国を初めとする諸国が最近締結した貿易協定に打ちのめされた何十万もの小規模農家のストライキを、都市部の労働者と労働組合が支援している。ストライキとデモの波は、コロンビアにおける過去数十年間でもっとも重要な社会運動というだけではない。これは、グローバル新自由主義プロジェクトに対する現行の最も広い裾野を持つ挑戦である。

管理職報酬: IUF、スイスの「1対12イニチアティブ」を支持

5 September 2013 News

この11月、スイスでは、公正な報酬を憲法で保障する目的で、国民投票が実施される。

若い社会主義者らが提案し、スイス社会党、緑の党、労働組合のナショナルセンター、そしてスイスのIUF加盟労組UNIAによって支持されたイニシアティブは、『会社によって支払われる最高額の給与は、同じ会社が支払う最低給与の12倍を超えてはならない』というものだ。

言い換えると、ある会社の労働者の年収は、その会社の最高給を得ている管理職の1ヶ月分の給与以下であってはならないということだ。このイニシアティブでは、『給与』の定義を、雇用に関連するあらゆる形態の補償を含むものとしている。

過去10年以上、労働者の賃金が伸び止まり、カットされている間に、暴利をむさぼる上司たちは節度を欠くほど多額の給与と賞与を自分たちに与えてきた。「1対12のイニシアティブ」は、給与予算のより公平な分配を求め、高給所得者の自由裁量の報酬アップに終止符を打つものである。

TUC、英国の派遣労働者の不均等待遇に対応

3 September 2013 News

英国の派遣労働者の約6人に1人は、同じ会社で同等の仕事をしている常勤労働者に比べ、週給が最大135ポンド少ない。

フィジーのストライキを支援しようと、インドの製糖工場労働者による支援集会が拡大する

31 August 2013 News

マハラシュトラ州の3つの製糖工場の労組は、フィジー製糖会社(FSC)がインドから労働者を派遣して、IUF加盟のフィジー製糖一般労組(FSGWU)のストライキを破ろうとしていることに対し抗議行動を行った。

 

この国際連帯活動は、先週のIUF加盟労組のカルナタカ製糖労連(KSWF)による同様の抗議に続くものである。

マハラシュトラ州、コルハプールのボガワティコープ製糖工場、クムヒーカサリコープ製糖工場、チャットラパティ・ラジャラムコープ製糖工場の組合員が、フィジーのストライキを破ろうとするFSCの計画に抗議

 

ページ

IUF UITA IUL RSS を購読