パキスタン・ネスレ乳業労働者の権利闘争に対して拘留、保釈、脅迫、解雇が

14 November 2011 Urgent Action

 

パキスタン、ネスレの巨大カビールワラ乳業工場(封建的労使関係制度を持つ最新式施設)の経営者は、工場の何百名もの契約労働者の権利に関する組合闘争を犯罪化している。

権利を主張する不安定雇用労働者への報復で、経営者は、総勢250名の契約労働者の雇用を9月末に終了させた。この労働者のうち107名がまだ解雇されたままである。この状況に抗議している労働者は、激しく攻撃され、80名の契約労働者は、直接常用雇用の合法的な権利を守ろうとしたために、組合委員長モハマッド・フセイン・バティと同様に刑事告訴されている。

不均等の固定化:企業が派遣労働に関するEU指令に杞憂せずに、かえって好むようになった理由

10 November 2011 News

企業と派遣事業者は共に、10月にイギリスで国内法化された派遣労働に関するEU指令の日和見主義的条項から利益を得ており、すでに悪影響が出ていると、IUF

英国議会報告書、再度クラフトを酷評

1 June 2011 Editorial

クラフトのキャドバリー買収の影響に関して調査を任命された英国下院第2次ビジネス・技術革新・技能委員会は、報告書を発表した。報告書はここから。

クラフトまたも約束破棄、今回はスペインで

27 April 2011 News

クラフトブランドの製品の生産に従事する約160名のスペイン労働者は、失業の危険に

今、民主主義!

14 February 2011 Editorial

チュニジアで始まった民主的な大衆動乱は、今や北アフリカに広がっている。そして、中東はパニックに陥り、驚愕し、感化を受けた。パニックに陥るのは、現金の安全な避難場所を求める交換可能通貨の銀行口座所有者だけに限らない。政治家は快適な亡命を奪い合い、大使館や外務省は間違いなく共謀の証拠を燃やし、シュレッダーで裁断しているだろう。これはこの地域とそれ以外の、暴力と抑圧に助長された略奪システムの複合関係から利益を得る全ての者に及ぶ。

社会動乱が、チュニジアコカコーラの反臨時雇用闘争を後押し - 労組、派遣労働廃止を交渉する

9 February 2011 News

ベン・アリを政権から追いやったチュニジアの大衆反乱は、会社内の権力バランスをも変えた。この社会変動で、労働組合は調整と組織という重要な役割を果たした。

ページ

IUF UITA IUL RSS を購読