Home

英国のモルソン・クアーズの雇用と権利の破壊に反対するユナイトの闘争を支援しよう

27 May 2013 Urgent Action
印刷用ページ

IUF加盟の英国のユナイト・ザ・ユニオンとモルソン・クアーズ・ビール会社のメンバーは、半数の組合員の賃金カットと強制的な超過勤務時間、そして使用者が勝手に決めた条件に変更するため一方的な協約破棄を含む会社の提案対して立ち向かっている。モルソン・クアーズは、6月14日までに会社提案に合意しなければ労働者を解雇すると脅かしている。

この争議の争点は、グループのバートン・ビールとショブナル・モルティングズの大改革である。組合は、455名の全労働者が解雇に直面しており、現在より劣る賃金と労働条件で再雇用されるだろうと報告している。

労働者は、24時間に満たない通知時間で仕事に来るように言われることもありえ、また彼らの給与が年間9000ポンドカットされかねない。またこの提案には最大26人の人員整理も含まれる。

ユナイト・ザ・ユニオンは、この闘いは、全労働者の闘争だと確信する。会社提案が通れば、これは地域経済に損害を与える。モルソン・クアーズに現在払われている世間並みの賃金が下がると、ほとんどの現地使用者がバートンより低い現地『市場価格』を使用しているために全体平均が下がる。

ストライキ投票が現在行われているが、ユナイトは、YES票での圧勝と期待している。モルソン・クアーズは、ユナイトとの交渉の席に着き、家族を破壊せず家庭に脅威を与えない公平な方法を交渉すべきである。

今、行動しよう!この争議でユナイトが正義を手にできるよう援助しよう!