Home

職場復帰のために闘争するインドのペプシコ労働者、人権侵害を非難

27 May 2013 News
印刷用ページ

西ベンガルのペプシコ・フリトレー工場での激しい組合潰しは、日曜日のエデンガーデンスタジアムでインドプレミアリーグ・クリケットの何万ものファンの注目を浴びることになった。インドプレミアリーグの主要スポンサーであるペプシコは、3月と4月に労働者の大量解雇を行い、批判が高まっているためである。

ペプシコと専属契約する3つの倉庫に雇用される合計162名の従業員は、INTUCの支援で組合を組織し、要求を提出したところ、嫌がらせを受け、攻撃され、そして解雇された。派遣業者や下請け化された倉庫による不安定な取り決めの下で、労働者は法定最低賃金より低い賃金で雇われている、法律上の権利を否定されている。主要な経営者としてペプシコ経営者と倉庫経営者に直接、要求を提出した直後に、暴漢集団が労働者を攻撃するために配置され、労働者を倉庫から立ち退かせた。

インドプレミアリーグのクリケットの試合での大衆行動に続き5月23日に記者会見が開かれ、現地報道機関によって大きく報道され、またIUFの支援でINTUCが組織化したペプシコフリトレー工場で大規模デモ行動が行われた。