Home

イスラエルのマクドナルド労働者、権利を求める

9 June 2013 News
印刷用ページ

イスラエルの最大の若年者従業員委員会が6月3日に設置され、何千人ものマクドナルド従業員がヒスタドルート・ワーク・スタディ・ユースユニオンに加入した。労働者は、今労働協約とより良い賃金と労働条件の向上を求めている。

イスラエルのビジネスマンに所有され、マクドナルドは何千名もの若者を雇い、イスラエルで160の店舗を持つ最大かつ最も利益を上げるファーストフードチェーンである。高い利益を上げているが、若い従業員は、最低賃金で雇われている。

マクドナルドの従業員代表は、経営者の反対に会い、組織化の努力の障害に直面していると報告している。

ヒスタドルート・ワーク・スタディ・ユースユニオンは、若年者労働法違反に関するマクドナルト従業員からの苦情が過去数年間で事務所に累積されていると報告する。無給病気休暇、無給研修、法律で要請されるように旅費が払い戻されないなどである。

昨年7396名の若い労働者が組合に加入した。写真は組合員加入用紙に署名した2人の新しいマクドナルドの組合員だ。