Home

6月12日:2013年の児童労働反対世界デー、家事労働の児童を対象に

15 June 2013 News
印刷用ページ

IUFは、6月12日の児童労働反対グローバルマーチによる児童の家事労働廃止と若い家事労働者保護のためのキャンペーン立ち上げを歓迎した。

グローバルマーチのキャンペーンは、家事労働者に関するILO条約第189号の批准を推進し、世界中の子供の家事労働者のために教育と訓練を受ける自由と機会を呼びかけるものだ。まずは、インドネシア、パナマ、トーゴを対象とする。

児童労働反対世界デーを記念してILOから出された最新の報告書によると1050万人の子供たちが、他人の家で、危険な、時によっては奴隷のような条件で家事労働者として働いていると推定される。

ILOの報告書、『家事労働における児童労働を終了させるー若年労働者を虐待と搾取から保護する』は、ここからダウンロード

グローバルマーチキャンペーンの支援は、ここをクリック。