Home

トルコの抗議に連帯の国際行動

24 June 2013 Urgent Action
印刷用ページ

IUFと他の国際労組は、現在イスタンブールをはじめトルコ全土で起きている抗議行動を支援するため、6月21日―22日にトルコ大使館、領事館で行動、デモ、マーチなどを行うよう、全メンバーと広範囲の労働運動に対し呼びかけた。何千名もの活動家および市民が負傷し、少なくとも4名が警察の暴力のために死亡した。政府は、容赦ない取り締まりを加速させ、逮捕件数を増やしている。

大使館と領事館の一覧表はここから: http://www.mfa.gov.tr/turkish-representations.en.mfa

労働組合運動の要求は以下の通り:

・トルコ政府は、平和的なデモ参加者に対する国家暴力を即時に中止し、トルコの公共の場における集会と表現の自由の権利を保証する。

・何千名もの人々の負傷とMehmet Ayvalitas, Abdullah Comert, Ethem Sarisuluk, Mustafa Sariの死に責任を持つ者を追及し、その職を外し、法に基づき起訴する。

正当な抗議活動と政治的反対行動に参加し拘留された労働組合活動家やジャーナリスト、その他全ての市民を即時に釈放し、法的取調べを全て取り下げると公式に声明を出す

・ストライキ権を含む労働組合権の行使に対する法律上・実際上の全障害を排除する。

姉妹組織ITFのウェブサイトから、抗議文の見本とキャンペーン用バナーをダウンロードできる。

また、labourstartを通じてトルコ政府に同様のメッセージを送り、これらの要求を支援できる。