Home

パーム油:ブルームバーグ誌の報告が、恐ろしい労働条件を露呈

19 August 2013 News
印刷用ページ

パーム油農園の恐ろしい労働条件に焦点を当てたブルームバーグ・ビジネス・ウィークの報告IUFは歓迎する。この報告は、この産業がインドネシアとマレーシアの熱帯雨林や自然の生息地を破壊していると環境活動家から広く批判を受けていることと、パーム油の好調の影で犠牲者が見過ごされていることを指摘している。

報告のベースになるのは、本産業に関する9ヶ月間に亘る調査で、インドネシアのパーム油事業の96%を占める二つの島、ボルネオとスマトラの12の農園で働く労働者のインタビューも含まれている。本産業の推定370万人の労働者の中には何千人もの児童労働者や債務労働者が含まれ、彼らは危険で虐待的な労働状況に直面していると、報告している。

報告書には、写真が添付されている。