Home

インドネシア、バリ・ハイアット労働者、臨時閉鎖の大量雇用破壊に抗議

30 September 2013 News
印刷用ページ

世界観光デー(9月27日)にホテル労働者たちは、バリ・ハイアットホテルの350名以上の労働者を解雇するという会社の一方的な計画に抗議して、バリとジャカルタで大規模なデモを起こした

バリ・ハイアットは、20131114日に改装のために一時的にホテルを閉鎖する計画である。組合からの再三に亘る再雇用条件の交渉要求を無視して、インドネシア・ハイアットの経営者は、単に全従業員を解雇し、ホテル再開時に新しい従業員を雇うつもりである。

IUF加盟労組のFSPMはバリで、臨時閉鎖の条件を組合と交渉し、従業員に雇用保障を与えるようハイアットに要求するため、副知事を含む政府当局と会合した。

またFSPMは、バリ労働者の支援のため、ジャカルタのハイアット・インドネシア経営者に対して抗議行動を組織した。

 

抗議行動は、APECサミットで世界のリーダーがバリに集う2週間前に行われた。

ジャカルタのグランド・ハイアット・インドネシアの前で、連帯の抗議デモ隊が雇用破壊を非難。『ホテル改装で雇用破壊-バリ・ハイアットのやり方!』

ハイアット・バリ・ホテルの裏のビーチで、バリの抗議活動を終える。