Home

欧州の食肉加盟組織が不正を阻止するための行動を要請

7 November 2016 News
印刷用ページ

1019日、ドイツの食品労働組合NGGは、同国最大の食肉加工会社テンニースの本社のあるレーダ=ヴィーデンブリュックで、IUF食肉組合のために会議を開催した。

NGGによると、地元の工場の生産ラインで働く3,5004,000人の従業員は派遣労働契約で雇用されている。

ドイツでは法定最低賃金が導入されたり、食肉セクターの任意労働協約があるにもかかわらず、多くの移民労働者たちは未だに低賃金と通勤及び住宅費用として法外な控除を受ける劣悪な状況で生活している。

会議でIUF加盟組織は、食肉会社に彼らの下請け労働者の権利の責任を負わせ、労働査察を強化させ、権利侵害が起きている企業名を公表する公開情報キャンペーンを要請した。

IUF-EFFATは、平等の処遇を推進させ、配属された労働者の労働条件を改善させ、また不正と搾取を可能にする法律の抜け穴を止めさせるために、労働者配属指令の改定を求めている。

 より詳しい内容はここをクリック(英文)