Home

ニュージーランドの果樹園労働者が飲料水の権利を勝ち取る

1 September 2017 News
印刷用ページ

IUF加盟組織のFIRST組合は、ニュージーランド北部のキウイ果樹園に雇用されている労働者たちが清潔な飲み水のアクセスを拒否されていることを知り、驚愕した。労働者たちが飲料水を要求した時、公衆衛生システムに繋がっていないトイレの脇にある、人間が飲むには不適切な灌漑水の蛇口から飲むように言われた。

ドイツに本社のある国際貿易サービス・グループBayWaの子会社であるタナーズ・アンド・グロワーズは、適切な飲料水を求める組合に、最初労働者たちには灌漑水を提供していると回答した。

しかし組合を通じて労働者たちが清潔な飲料水の世界共通の権利を主張したため、その後会社は5カ所にフィルターを設置した。