Home

ネスレのジョイント・ベンチャーFRONERIが雇用と労働条件に対し残忍な攻撃を加える

27 October 2017 News
印刷用ページ

ネスレとフランスのプライベート・エクイティー会社PAIパートナーズ、がアイスクリームのジョイント・ベンチャーFRONERIを設立してから1年、同社はヨーロッパ全域で労働者に対する本格的な攻撃を開始した。

この攻撃は、ドイツ、フィンランド及びスイスで工場と営業部門並びに事務所の労働者を標的にしており、またギリシャとイタリアでは工場閉鎖が発表された。およそ850人の労働者が失業する可能性があり、これにより会社は20%の営業利益を達成できる。

ネスレはこのジョイント・ベンチャーの設立理由を、アイスクリーム事業で首位にいるユニリーバに挑むことだと明言していた。しかし同社は、彼らの戦略が生産の品質と革新に基づいていないことを露呈させた。むしろネスレのアイスクリーム・ジョイント・ベンチャーは、その目標達成のために猛烈なコスト削減への道をたどっている。

ドイツとイタリアのIUF加盟組織がどのように反撃を始めたかを知るには、下記のリンクをクリック:

NGGがネスレのアイスクリーム・ジョイント・ベンチャーFRONERIにおける雇用削減と闘う。

ネスレ-FRONERIがイタリアで工場閉鎖を発表:組合が闘争を宣言。