Home

香港:組合と同盟組織が団体交渉権を要求

14 November 2017 News
印刷用ページ

1028日~29日、香港労働組合連盟(HKCTU)、労働団体、民主支持政党、コミュニティ組織、および学生が香港での団体交渉権を一時的に保証する法律の廃止から20周年を記念し、抗議行動を行った。

1997年に香港が中華人民共和国に返還される直前、独立民主労働運動を代表する立法者たちが努力の末支持を得て、団体交渉権を保証する法律が初めて可決された。返還されてからわずか2週間後、その法律は無効とされた。それ以来、香港の労働者たちは団体交渉権を否定され続けてきた。

IUFは香港の食品、飲料、ホテルおよび観光産業のメンバーとともに抗議行動に参加した。「香港でこれだけ極端な貧困と不平等の状況では、労働者たちが身を起こし、家族を貧困から救うことのできる唯一の手段として、普遍的人権としての団体交渉権がこれまで以上に必要とされる。」とヒダヤット・グリーンフィールドIUFアジア太平洋地域書記長は述べた。

HongKongcollectivebargainingrights