Home

インドネシア・コカ・コーラが独立組合に対し委員長を解雇し攻撃を継続

24 November 2017 Urgent Action
印刷用ページ

Lutfi

コカ・コーラ・カンパニーとその地域のボトラーでオーストラリアに本社のあるコカ・コーラ・アマティルの十分な認識がありながらも、インドネシア・コカ・コーラの経営は独立組合への攻撃を続けている。

201611月、バウェンの工場施設の労働者たちは、独立組合であるセリカット・ブルー・マンディリ・コカ・コーラ(SBMCC)を組織し始めた。その組合は29日に正式に登録され、218日に最初の総会を開催し、委員長にルツフィ・アリヤントを選出した。221日、経営は新たに選ばれた委員長に、バウェンの工場から約170km離れたマディウンの営業所への転勤を通知した。

ルツフィはIUFとインドネシアおよび世界中の加盟組織の支援を受けながら、組合のメンバーを代表する権利の行使を妨害する、労働組合の権利に対する違反行為であるとして転勤を断った。地元経営とインドネシア・コカ・コーラ・カンパニーのボトラーでオーストラリアに本社のあるコカ・コーラ・アマティルは、これらの権利に則った解決策を探すすべての試みを退けた。

1121日、ルツフィは正式に解雇された。

コカ・コーラ・アマティルは、インドネシア・コカ・コーラの独立、民主組合を攻撃し、弱体化させ続けている。まだメッセージを送っていなければ、ここをクリックしメッセージを送信していただきたい。