Home

ABインベブ・インディアでの権利侵害がエスカレート

14 March 2018 News
印刷用ページ

IndiaIUF

IUFは、ABインベブが、インドのソーニーパット工場の経営陣に対し、解雇された組合のリーダーとメンバーを確実に復職させることと、ハルヤナ・ブルワリーのマズドアー労組との新しい労働協約締結に向けて必ず信義誠実に協議することを要求している。

ABインベブのソーニーパットの経営陣は、従業員の結社の自由と団体交渉権を妨げるために結託してきた。ここ2年間で、現地のマネージャーは労組との労働協約の交渉を拒み、5人の組合のリーダーとメンバーを停職処分にした。

経営陣はさらに、インドで開催されたIUFABインベブ労組会議に参加したという理由で、2017911日に委員長を停職処分にし、4人の労組委員メンバーの復職に関する署名入りの合意を破棄した。もう一人の委員メンバーは、2017117日に再び停職処分になった。

 

従業員は、工場の門の前で24時間体制の平和的抗議行動を続ける。