Home

ABインベブのインド・ソーニーパットにおける権利と承認のための闘いは続く

6 July 2018 News
印刷用ページ

国際的な巨大ブルワリー、ABインベブのインド・ソーニーパット工場の門の外で、IUFメンバーが 組合権と承認を守るため、 平和的な抗議行動をノンストップで続けている。経営が組合員に対して攻撃をエスカレートさせ、労働協約のための信義誠実な交渉に入るのを拒否し続けていることに対抗して、ハルヤナ・ブルワリー・リミテッド・マズドア・ユニオン(HBLM)は2月に行動を起こした。
SonepatProtest2

ソーニーパット経営は、団体交渉権を主張する組合メンバーと役員に対し、嫌がらせと解雇の脅しを続けている。組合は、迫害された組合代表とメンバー全員の復職、今年前半に組織された挑発に端を発した組合活動家に対する全ての訴訟の取り下げ、組合の要求書に基づく純粋な交渉を求めている。

 

ABインベブに組合の闘いを支援するためのメッセージをまだ送っていない場合は、ここをクリックしてメッセージを送ろう。