Home

ミャンマー:ホテル・タラバー・ゲートの労働者は権利のために闘い続ける

6 March 2019 News
印刷用ページ

ホテル・タラバー・ゲートの労働者は自分たちの権利要求のため、標的になった組合リーダーやメンバーの解雇や、 労働者の連帯キャンプの残忍な破壊、  及び抗議の行進を行った者たちの逮捕に屈することなく、公の行動を取った。

2月10日、組合はホテルの前で集会を開き、解雇された組合員やリーダーの復職とホテルにおける労働組合権の全面的な尊重を求めた。

 

政府当局は、2018年8月に解雇された組合リーダー及び組合員の復職を促すための有意義な行動をとらなかったため、IUFは12月に政府に対して結社の自由に関する正式な苦情をILO委員会に申し立てた。

 

ホテル・タラバー・ゲートの経営に、不当に解雇された組合員の復職、組合権の全面的な尊重と承認、及び組合との信義誠実な交渉を求めるメッセージを送るには ここをクリック。