Home

組合の支援で、フィリピンにおける産休の期間延長を勝ち取る

14 March 2019 News
印刷用ページ

フィリピンにおける有給出産休暇の日数が、2月20日に施行された新たな法律の下で60日間から105日間に延長された。IUF加盟組織のNUWHRAINとSENTRO食品・飲料労働者協議会は、法案に署名するようドゥテルテ大統領に圧力を掛け続け、45日間の期間延長を勝ち取るのに重要な役割を果たした。フィリピンのIUF加盟組織とIUF地域書記局は今、彼らと関わりのある企業が法令を順守し、団体交渉を通じてその法令が履行されるように尽力している。

SENTROの副書記長、ジョアンナ・ベルニス・コロナシオンは、「出産休暇延長法(共和国法11210)は、女性や組合の運動における私たちの重要な勝利です。26年後、私たちは公共、民間およびインフォーマルな雇用において女性労働者の出産給付を増やすことに成功しました。それは女性の性と生殖に関する健康の改善に一歩前進となります。またそれは、母親とその子供、家族、社会の利益になります。しかし、女性と労働者の権利や利益の向上のため、引き続き闘いを継続していかなければなりません。」と述べた。