Home

スペイン:権利と承認を要求して解雇されたホテル客室清掃員の復職を求めて闘う組合

13 June 2019 Urgent Action
印刷用ページ

アンダルシアのハエンにあるホテル・コンデステーブル・イランソの客室清掃員9人が、組合を組織し、その地方のホスピタリティ・セクターの労働協約の適用を要求したところ、5月に解雇された。CC.OOサービス連盟は、ホテル従業員を貧困に追い込む外注化の過剰な進展に、労働組合として立ち向かう中で、彼らの復職を求めて闘っている。

ホテル・コンデステーブルは、清掃サービスを「サービス提供者」のCM Serviexter社に外部委託していた。客室清掃員が組合による代表性とホスピタリティ・セクターの協約の適用のために組織化を始めたとき、ホテルはCM Serviexter社との契約を解消し、同社は客室清掃員を全員解雇した。その後ホテルは別のサービス会社と契約した。

 

組合は、解雇は結社の自由の侵害であるとして、労働監督署や法廷に異議を申し立て、街頭行動を組織し、外注化が女性労働者に及ぼす差別的影響や不安定雇用、貧困の拡大を強調している。

組合が立ち上げたオンラインの請願書に署名し、彼らの闘いを支援するには ここをクリック。