Home

ラボで生産されたプロテインに殺到: 肉を超えた?中身は何?そしてその裏には?

2 July 2019 News
印刷用ページ

工場で生産される食肉を模倣したプロテインを製造する米国企業「ビヨンド・ミート」の株価は、株式市場に上場されて3週間で3倍になった。またライバル会社インポシブル・フーズのインポシブル・ウォッパーはバーガーキングで発売され、同社は新規株式公開に向け多額のキャッシュを集めている。なぜ投資家はいわゆる「クリーン・ミート」に殺到しているのか?

ETC グループ IUFのために作成した報告書は、ラボ生産される肉に投資家が殺到する力と誇大広告に焦点を当てている。産業バイオテクノロジーによって製造され、食肉、魚類、及び乳製品の品質を模倣した「代替」プロテイン製品は、動物の幹細胞(及び動物に起因するもの)から生産されるか、あるいは遺伝子操作された動物以外のものを使用し、その後発酵を経て食肉の品質を獲得した製品を通じて生産される。

 

彼らは、様々な消費者が抱く倫理上、健康上、動物愛護及び気候変動に関する懸念に配慮して、マーケッティングを行っている。同報告書は、主要食肉企業やプロテイン企業がなぜラボ製造のプロテインへの主要投資家に名を連ねているかを説明している(最近タイソンは自社の工場で生産するプロテイン製品の開発に集中するため、ビヨンド・ミートの投資を売却した)。また、マーケティングの背景にある環境的主張を精査し、食品製造者の生活に対する影響を問題視している。

 

この報告書は ここから ダウンロードできる。