Home

グァテマラのバナナ労組リーダー殺害される

4 June 2011 Urgent Action
Printer-friendly version

グァテマラのバナナ労働者に対する暴力がエスカレートしている。5月26日にIUF加盟のバナナ労組SITRABIの財務担当役員ホエル・ヘルナンデス・ゴドイが、クリスティナ村から組合本部がある町モラレスに向かい車を運転している時、モーターバイクに乗った男に狙撃された。

この残忍な殺害は、4月10日ののSITRABI役員オスカー・ヒュンベルト・ゴンラレス・ヴァスケスの殺害に続くものだ。オスカーは、ヌエヴァ・チリキ・モラレスでモーターバイクに乗った二人の男に殺された。SITRABIのリーダー、マルコ・チュリオ・ラミレスは、2007年9月に殺害された。

今、行動しよう!グァテマラ大統領アルバロ・コロム・チャバレロスにこのバナナ組合リーダーの殺害を非難し、犯人が迅速に裁かれるように要請するメッセージを送ろう!

メッセージ送付は、ここをクリック。