Home

バングラデッシュ:農場労働者、5日間のストライキで全国的な権利キャンペーンを開始

30 September 2013 News
印刷用ページ

バングラデッシュ全域で農業労働者が5日間の波状ストライキを行い、不安定雇用の中止と定年退職給付金、有休及び母性保護の向上を要求した。

IUF加盟のバングラデッシュ農場労連(BAFLF)の全国委員会の97日の決定に従い、バングラデッシュ全域で組合員は915~19日の毎日3時間、ストライキを行った。これは、農場労働者とバングラデッシュ農業開発会社(BADC)の管理職及び従業員の間にある、権利と資格の大きな格差を埋め、差別を解消するためだった。

ストライキを行った農場労働者は、BADC農場に雇用される不安定雇用労働者に正規雇用を、また違法に解雇された労働者に再雇用を、要求した。

定年退職給付金と週2日の有休に加え、BAFLFは、有給産休を90日から2倍の180日にすること、そして農場の管理職及び事務職が得ているのと同じ母性保護権利を農場労働者に与えることを要求した。