ゼロ権利!コカ・コーラ・バンドン・インドネシアにおいて反組合の攻撃がエスカレート

15 November 2018 News

zero%20rightsインドネシアのバンドンにあるコカ・コーラボトリング工場の経営は、工場の独立した民主的組合に対する抑圧を強めている。経営は、組合員に彼ら自身の法的権利を伝えたことから1019日に懲戒処分を受け、現在即刻解雇の危機に晒されている組合委員長のソヴィ・フラディナに続き、今度は3人の組合役員と2人の活動的なメンバーを、経営によって提示された「自発的な」希望退職に名乗りを上げなかったという理由で解雇した。

コカ・コーラ・アマティル・インドネシアが、法的権利をメンバーに伝えた組合委員長を懲戒処分

15 November 2018 News

Soviコカ・コーラ・アマティル・インドネシアは、コカ・コーラ・バンドンの独立民主組合委員長、ソヴィ・フラディナ・マルダーニ・マスリップを、メンバーに彼ら自身の法的権利を伝えたことを理由に懲戒処分にしている。

アコーの高級ホテル、プルマン・ジャカルタ・ホテルでの組合の抗議がエスカレート

13 November 2018 News

PullmanJakartaFSPMAction1bis1017日、IUF加盟の独立系全国ホテル・レストラン労働者連盟FSPMは、アコーの高級ホテル、プルマン・ジャカルタの前で第4回集団抗議行動を行った。

マリオット・アメリカのピケラインから、マリオット・インドネシアにおける権利の闘いのための連帯

12 November 2018 News

Onejob1010日、マリオットにおけるストライキとキャンペーンに参加した全米各都市のユナイト・ヒアの地元のリーダー達は、マリオットCEOアルネ・ソレンソン(Arne Sorenson)に、バリ島のWホテルで解雇されたアグス・サルワタマ組合委員長の復職と、労働組合権の完全なる尊重を求める手紙を送った。

ブラジル:攻撃される民主主義

8 November 2018 Editorial

ブラジルの民主主義は岐路に立っているのではない。銃殺隊に直面しているのだ。

ミャンマー:バガンのホテル・タラバー・ゲートの権利侵害をめぐり、ホテル観光労働者がストライキ

25 October 2018 News

TharabarGateStrike1910日にIUF加盟組織のホテル・ツーリズム労働組合HLOBが開始した抗議行動は、バガンの主要観光地で文化遺産の歴史遺産地区のホテル労働者全体のストライキに発展した。

フード・デー2018:「遺伝子ドライブ」技術を中止するよう世界中で呼びかける

25 October 2018 News

IUF2018年のワールド・フード・デーに200以上の組織及び食品の権利擁護者に加わり、世界中の動植物と昆虫を通じて遺伝子変化を推し進めるよう設計された遺伝子工学である「遺伝子ドライブ」の使用を中止するよう要請した。

フィリピンの悪漢、軍隊及び警察がストライキ中の住友のバナナ労働者を攻撃

23 October 2018 News

1010日、軍隊と警察に付き添われた悪漢たちが、ミンダナオのコンポステラ・バレーにある住友のスミフル・フィリピン・コーポレーション(スミフル)の前でピケを張りストライキ中だった包装工場労働者を再び攻撃した。組合は、会社が10年以上も団体交渉を拒否し続けていることを受け、101日からストライキを敢行している。

トゥルクメニスタン:ギャスパー・マタラエフを釈放し、強制労働・児童労働に終止符を打て!

23 October 2018 Urgent Action

Matalayev権利擁護者のギャスパー・マタラエヴさんがトゥルクメニスタンの綿花栽培地における大規模な強制労働の実態を文書化した「罪」で投獄されて、すでに2年以上が経っている。

権利擁護者ギャスパー・マタラエフさんの無条件即時釈放を支援するため、 この嘆願書に署名をして拡散してほしい!

さらに何千人もの労働者が「一つの仕事で生活できるべき!」と訴え、マリオットのストライキが拡大

17 October 2018 News

MarriottHawaii2s

アメリカにおけるマリオット・ホテルの全国ストライキで、さらに5都市にある同ホテルのUNITE HEREメンバーが加わり、これでストライキ参加者は23ホテル、7,700名に達した。

ボストン、サンフランシスコ、サンノゼの労働者たちのストライキを受け、108日、ハワイのマリオットが運営する各ホテルで2,700名の組合員が仕事を放棄した。

世界中のファストフード労働者が自らの権利のために立ち上がる

17 October 2018 Feature

FastFoodDay4

世界中のファストフード労働者たちが、IUFの世界ファストフード労働者デーである104日に立ち上がり、権利と承認を求める闘いの決意を示した。世界各地で労働者と組合はストライキと集会を開き、適正な賃金と条件並びに組合承認の闘いで相互の連帯と支援を示した。

国連特別報告官が職場での毒物曝露に関する人権に警鐘を鳴らす

11 October 2018 Editorial

毎年何百万人もの労働者を病気にさせ死亡させている職場での毒物曝露の人権に関する影響に関して、国連の特別報告官、バスクット・ツンカク氏が説得力のある報告を人権協議会に提出した。

モンデリーズ(キャドベリー)インドで雇用削減、そして労働者の死

9 October 2018 News

モンデリーズの労働者ミルキ・ラムさんは921日、インドのバディにある工場で型作り機械を操作中に死亡した。彼の死亡に続き、モンデリーズ・インド社が始めた「任意退職計画」によって大量の労働者が削減された。

フィンランドの食品労働者たちが解雇からの保護を維持するためにストライキを行う

9 October 2018 News

フィンランド食品労働組合(SEL)の4,500名以上の組合員は、20名以下の会社の労働者に対する解雇からの保護を廃止するという政府の提案を撤回させる要請を支援するべく、103日、15か所の職場でストライキを行う。

ページ

IUF UITA IUL RSS を購読