Home

抑圧的新法にストライキとデモで抵抗中、パナマのバナナ労働者が警察に殺される

2 September 2010 News
印刷用ページ

photo

7月8日にボカス・デル・トロ州でストライキを行う労働者に警察が発砲し、少なくとも2名のバナナ労働者で4000名の労働者が賃金に関してストライキを行ったが、苦情を抱える何千名もの協同組合の独立産者がストライキに参加した。ストライキは、最近導入された30号法、俗称チョリソー(ソーセージ)
という法律により非合法と宣言された。このチョリソーという俗称の由来は、ストライキを行った労働者の恒久的置き換えの合法化、組合費チェックオフの廃止、社会的に有益と見なされる建設プロジェクトの環境影響評価廃止を含む反民主的措置一括案が詰め込まれているからだ。チョリソー法と関連の14号法は、街頭封鎖を非合法とし、抗議行動者に対する警察の銃器使用を免責にした。

労働団体と市民団体は、この新法導入に、1日のゼネストを含む抗議とストライキ行動で対抗した。これを受けて、政府は、何百名もの逮捕と武力使用を行った。7月8日の暴力の非公式報告によると、発砲と催涙ガスで6名が死亡し、120名が負傷した。何百名もの組合と市民のリーダーが逮捕された。

バナナ労組と国際労組は、暴力と政府の抑圧的な立法条項に抗議し、法律の即時撤回と逮捕された抗議者と政治・市民リーダーの釈放、国家暴力の犠牲者の家族に対する補償を求めた。

これに関する定期的な情報のアップデートは、IUFラテンアメリカ地域組織のウェブサイトで。(リンクはhttp://www.rel-uita.org/