Home

ミャンマーのホテル労働者は権利のために闘う!

20 December 2018 Urgent Action
印刷用ページ

ミャンマーのホテル労働者は権利のために闘う!

 

2015年、有名なバガン考古学地区の中心にあるホテル・タラバー・ゲートの労働者の大多数が組合を結成した後、経営は選出されたコ・ネイ・ミオ・ウィン組合委員長を解雇しようとした。非組合員を含むホテルのスタッフが抗議し、経営は折れた。組合はその後、他の地元のホテル組合 バガン・ホテル・リバー・ビューの組合を含む) と一緒になり、地域全体の組合組織HLOBを結成し、彼を委員長に選出した。

 

今年の824日、タラバー・ゲートの経営は、2人の組合役員、7人の積極的な組合員を含む11人の他の労働者とともに、再び委員長を解雇した。解雇の正当な理由として稼働率の低下を挙げた。しかし、その前日の経営との会合で、労働組合は雇用を守れるような代わりの仕事を手配するよう交渉したい意向を表明していた。経営の回答は、組合役員や活動家の解雇の標的としており、ネイ・ミオ・ウィンを委員長に選出したHLOBのメンバーを含む、全組合員の権利を侵害することであった。

TharabarGate2

HLOBが主催する一連の激しい公の抗議活動にもかかわらず、経営は、ミャンマーの権利保護の法的枠組みの脆弱性を後ろ盾に、不当に解雇された12人の労働者の復職の要請に対し拒否を続けている。

 

不当に解雇された12人の労働者の復職、組合委員長と組合役員の役割と権利の完全な承認、組合との信義誠実な交渉を求めて、タラバー・ゲートの経営にメッセージを送るにはここをクリック。 同社の業務執行取締役は、ミャンマーのいくつかのサービス業使用者組織の有力なメンバーである。したがって、メッセージは彼らにも向けられている。