Home

BMIにおける体系的な賃金泥棒の証拠

2 September 2019 News
印刷用ページ

インドネシアの法廷において、PT BMIが労働者に意図的かつ体系的に州の最低賃金以下の給与しか支払わなかった証拠が明らかになった。  迫害された組合幹部、レニ・デスミリアの裁判の最中、法律事務所LBHランプンはIUF加盟組織FSBMMと共に、経営の証言に基づくBMI経営に対する刑事訴訟を起こした。法の下の制裁には、責任者の投獄と罰金刑が含まれる。

デスミリアの代理弁護人であるスマインドラ・ジャルワディは、労働者が受け取った賃金が州政府によって設定された最低賃金規定を下回っているだけでなく、必須の政府労働安全保険制度にも準じていないと法廷に訴えた。

BMIに対する起訴は、 地元メディア広く報道されている。上のリンク先の話の英語翻訳は、 ここで読むことができる。

BMIは、不適切な社会的監視プロセスによって、これらの支払い不足を見過ごしている チキン・オブ・ザ・シー 等の、主要な水産物企業のサプライヤーである。