Home

パール・コンチネンタル・ホテル・カラチの労働者とその組合への正義―パキスタン政府にILOと結社の自由を尊重するよう訴えよう!

18 October 2019 Urgent Action
印刷用ページ

パール・コンチネンタル・ホテル・カラチの労働者は18年間、IUF加盟のパキスタン・ホテル・レストラン・クラブ・ツーリズム・ケータリング関連労働者連盟(PHRCTCAWF)の団結権と、組合の承認のために不断の決意で闘ってきた。国連の専門機関であるILOの結社自由委員会は今年、結社の自由と団体交渉に関するILO条約第87号と第98号を尊重し、長年の深刻な権利侵害を是正するためにPHRCTCAWFとホテルの経営との間で直接交渉ができるよう、政府に要請した。闘争は、経営者が350人の非正規労働者を解雇し、組合の承認を取り消した2001年9月に始まった。非正規のホテル従業員の権利を擁護する組合のキャンペーンとして始まったものは、急速に、組合の存在や、組合員や役員の物理的な豊かさ、安全に対する全面的な経営の攻撃に対する防御に発展した。組合は、継続的な抗議行動を通じてエネルギーと決意をもってその権利とそのメンバーの権利を擁護した。解雇された組合員と役員の復職をホテルに要求する法的命令を勝ち取ったが、経営は彼らの復職を許可しない。また、団体交渉の代表としての組合の承認を拒否し続けている。組合員と役員は解雇され、逮捕され、違法に制限され、年金の支払いを拒否された。それでも彼らは闘う!
2003年以来、ILOはこれらの基本的権利の侵害を是正するよう政府に求めてきた。 ここをクリックしてパキスタンの首相にメッセージを送り、 ILO NOWの決議と勧告を実施し、パール・コンチネンタル・ホテル・カラチの労働者とその組合の権利を確保するため、PHRCTCAWFとホテル経営との迅速で直接的な交渉を確実にするよう、パキスタン政府に要請しよう。



パール・コンチネンタル・ホテル・カラチ労働者組合の団体交渉権を認めよう!