Home

コカ・コーラ労働者はハイチ、インドネシア、アイルランド、米国で権利を求めて闘っている。引き続き支援が必要。

11 November 2019 Urgent Action
印刷用ページ

コカ・コーラは、ハイチ、インドネシア、アイルランド、米国の労働者の基本的権利を侵害し続けている。詳細を確認し、コカ・コーラのCEO兼会長ジェームズ・クインシーにメッセージを送るには ここをクリック。

ハイチでは、コカ・コーラ社ボトラーであるラ・ブラッセリー・ドゥ・ラ・クーロンヌが、労働者がSYTBRACOUR組合を結成し、それに代表される権利を組織的に拒否し続けている(詳細はこちら)。

ハイチは、生活するにも働くにも危険な場所である。企業は、少なくともこの状況に注意を払い、最大限のデュー・デリジェンスを行使すべきである。2019年7月、コカ・コーラのトラック運転手が仕事中に車の中で射殺された。コカ・コーラ社は、この殺害について独自の有意義な調査を行わず、代わりに地元のボトラーによる、運転手に非があるという説明に頼ることを選択した。本件に関するIUFのその後の調査で、ドライバーは免罪となり、コカ・コーラのボトラーとコカ・コーラ社側の冷淡な真実の軽視を露呈した。

 

インドネシアでは、コカ・コーラのボトラーであるアマティルが、独立系の民主的な労働組合の権利に対する長期にわたる攻撃を追求している(詳細はこちら)。

アイルランドでは、コカ・コーラ社が直接所有している、どちらも強力に組合に組織化されている2つの濃縮工場を閉鎖した。バリナに残るIUF加盟のSIPTUとの団体交渉を拒否する工場に生産を移した。コカ・コーラ社による団体交渉権の拒否は、SIPTUが「メンバーに代わって雇用条件を交渉するために会社と連携」すべきであるというアイルランドの労働裁判所の勧告と真っ向から対立する。バリナの同社経営は、組合の団体交渉権を認めるためにこの勧告の受け入れを拒否している。

 

米国では、北部ニューイングランドのボトラーのコカ・コーラ・ボトリング社が、グリーンフィールドのボトリング工場の労働者がRWDSU及び UFCWに参加しないように説得するため、33万ドル以上を組合つぶしのコンサルタント企業に支払った。

 

コカ・コーラ社の2016-2017年の人権報告書には、「コカ・コーラ社では、報復、迫害、またはハラスメントを恐れることなく、労働組合に加入、結成、または加入しない従業員の権利を尊重している。」と記されている。

 

公開されているベネット法律事務所の文書は、これが実際にどのように機能するかを説明している。「私たちは、マサチューセッツ州グリーンフィールドにある北部ニューイングランドのコカ・コーラ・ボトリング社が組合のない状態を維持するよう、従業員の主要なグループを説得する目的で、従業員会議で経営を代表した。」

 

コカ・コーラ社は、ブランド名がその記録の公開によって脅かされていると感じた場合にのみ、これらの複数の人権侵害を是正するように行動する。

 

これらの労働者と、コカ・コーラ・システム内の彼らの権利のための闘いを支援しよう。

 

これらの進行中の人権侵害に対する怒りを表明し、同社にそれを是正するよう要求するため、コカ・コーラの最高経営責任者(CEO)及び会長のジェームズ・クインシーにメッセージを送るには、

ここ  をクリック。あなたの名前は、同社に送られる請願書にも追加される。